いびきを改善することを願うようになったきっかけ

ランキング表を見る

いびきを改善することを願うようになったきっかけ

はじめまして。
ぼくは、いびきを改善することに成功した30代男性です。

ぼくは、実は長年漫画家のアシスタントをしています。
有名漫画家の某先生のもとで、独立するための修業を兼ねながら、
背景の絵などを描いているのです。

ぼくは、大体二、三年ぐらいアシスタントをして、その後
実際にデビューして漫画家になる、というのを夢見ていました。
しかし、現実はそんなに甘いものではありません。
23歳のときにこの先生のところへアシスタントに
やってきたのですが、もう、とうとう30歳になってしまいました。


それでも、まだ夢を諦めたくないのですが、
実はぼくが部屋で仮眠をとっているときのいびきがうるさいと、
他のアシスタント仲間に苦情を言われてしまったのです。

いびきを改善する方法はたくさんある!

いびきを改善する方法はたくさんある!

まだ、夢を諦めたくないぼくは、
今の先生のところのアシスタントを辞めたくはありません。
だから、他のアシスタントたちに迷惑をかけないように
いびきの大きさを何とか治したい、と思うようになりました。


ネットを使って調べたところ、まずいびきの原因は、
太り過ぎによる場合が多いということを知りました。
確かにぼくは、少々太めの体型です。
だから、いびきを改善するためにはダイエットしなくては、
と思うようになり、早食いするのをやめ、
お菓子類を控え、適度な運動を心がけるなどして、
なるべくからだの脂肪を落とすための努力をしました。


また、仰向きに寝るといびきが大きくなりやすいため、
背中にタオルなどを詰めて、帽子を被ったまま寝るなど、
横向きの姿勢で眠ることができるように努力をしました。
しかし、それでもぼくのいびきは改善されず、
アシスタント仲間からの苦情はなくならなかったのです。

いびきを改善するのに最もよい方法とは?

いびきを改善するのに最もよい方法とは?

そのうち、アシスタント仲間からのイジメを受けるようになり、
ぼくはいびきを改善するため、必死になりました。
いびきを治すためのグッズなども買ってみましたが、
どれもあまり効果がないようでした。

病院に行って外科手術などで治療する方法もあるようですが、
高い費用がかかるため、あまり乗り気にはなれませんでした。

しかも、それぐらい費用をかけて手術しても、
必ずしもいびきが良くなるわけではない、ということを聞きました。

ぼくは、いびきのことでずっと悩み続けました。
いびきを改善する方法があれば、相手が悪魔でもいいから
教えてほしい、などと思ったぐらいです。

そこで焦ったぼくがネットでいびきについて調べていると、
ネットで販売されているいびき対策マニュアルというものがあることに気づいたのです。

いびきの改善にいびき対策マニュアルが効いた!

いびきの改善にいびき対策マニュアルが効いた!

ぼくは本当に必死だったので、そうしたマニュアルを
すべて購入してみました。そして書かれている
いびきの改善方法をいろいろ実践してみたのです。
すると、ぼくの酷かったいびきはどんどん改善され、
とても穏やかな寝息で眠ることができるようになったのです。


現在、ぼくは職場でイジメられることもなく、
けっこう楽しく充実したアシスタント生活が出来ています。
いびきのことで苦情を言われることも、ほとんどなくなりました。

漫画家のアシスタントって、
徹夜するときは、交代で仮眠を取らなければならないため、
いびきが大きい人は迷惑になるし、嫌がられるのです。
でも最近は、職場の人間関係もとてもよくなり、
同じ志を持つ仲間たちと親しく交流しながら、
充実した日々を過ごしています。


この文章を書いたのは、ぼくをそんな幸せに導いてくれた
いびき対策マニュアルのことを皆さんにお伝えしたかったからです。
本当にいびきに悩んでいるなら、ぜひ、このいびきマニュアルを活用してほしいと思います。

また、ぼくはすべてのマニュアルを買ったと書きましたが、あなたはそんなことをしなくても、この後の
ランキングを見て、どれか気に入ったものを購入するだけでも、いびきは改善されてくると思います。

個人差があると思うので、必ずしも、一位のマニュアルでなくてもいいのです。
あなたもぜひ、ランキングを参考にして、いびきを改善されてくださいね☆

いびきを改善したい人が見るランキング

ランキング表を見る

メニュー
サイト内検索 powered by Google

トップページへ戻る 安眠コンシェルジュ いびき対策体験談